宮古島に行くなら何月がおすすめ?

寒さを回避するなら12月

宮古島は、日本の中でも南の方に位置するのでとても気候が温暖です。日本の冬は北海道はもちろん鹿児島県も寒くなり降雪も時々あります。ただ、宮古島に行けばそんな寒さを避けることができ、まるで小春日和のような環境で過ごすことができます。
もちろん、もっと南の赤道近くの国々よりは温かくないですがそれでも十分寒さを回避できます。国内旅行でありながら、まるで海外に来ているかのような感覚になります。更に12月の年越しの瞬間に滞在すると、寒さを凌げるだけでなく美しい海に囲まれながら最高の年末年始を過ごすことができます。時には宮古島であっても厚手の上着が必要になるほど冷えることがあるので、慢心せず気温のチェックは必須です。

温かさを先取りする3月

3月は、一般的に言えば三寒四温の時期で段々温かくなってきます。しかし宮古島の3月は半袖で十分なほど温かい場合が多く、少し動くと汗が流れ落ちてきます。長く寒い冬が過ぎ去るのは待つしかありませんが、宮古島に行って温かさを先取りするのも良いです。
更に3月は卒業式があり別れの季節でもあります。この時期は多くの旅行会社から宮古島旅行のツアーが販売されるので、仲間と一緒に参加するのも良いです。宮古島で観光をするのも良いですが、ただ単に海を眺めて過ごすのも違った魅力があります。宮古島の海は南の島ならではの美しさがあり、見ているだけで心が清らかになって癒されるからです。海を見ながら仲間と語り合う時間は、深い思い出になります。

竹富島のツアーは単体で申し込むものよりも他の島もめぐる離島めぐりツアーがおトクなこともあります。いろいろな島が一度に見られるツアーはそれだけで得した気分になれますね。

© Copyright Miyakojima Travel. All Rights Reserved.